>
本文へスキップ

靴脱げ、かかと脱げ、外反母趾、モートン病でお悩みなら、インソール「らくじき」を

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.059-226-7336

〒514-0035 三重県津市西丸の内6番4号

「らくじき」は世界初の立体中敷として特許取得したインソール(中敷)です。足裏(縦アーチ・横アーチ・土踏まず)すべてをインソール(中 敷)で包み込み重心を足の真ん中にすることで傾き(O脚化・X脚化)を防ぎます。普通のインソールと違い、アーチをしっかりと作ることを意識した世界初の立体インソール(中敷)です。

浮指外反母趾(スマホは横画面で)

浮指外反母趾

お悩み解決   即効の結果
3点で歩行

正しい歩行

3点で歩行 安定した足裏は、カカト・足趾付け根・足趾の3点を同時着地した3点歩行で、重心は真ん中にきています。
歩行時に起きる地面からの衝撃を足裏で吸収し、足、膝、腰を保護します
足裏が安定すると、からだ全体のバランスがとれて安定します。
足の裏に不安定があると、足趾に力が入らないため、カカトと足趾付け根だけを使った不安定な2点歩行になり、真ん中にあった重心がカカトのほうに片寄っていきます。

歩行時に起きる地面からの衝撃を足裏で吸収できず、足、膝、腰を痛めてしまう可能性があります。
足の裏が不安定だと、からだが倒れないように姿勢を崩してバランスをとるため、姿勢が悪くなります。
2点で歩行

浮き指

浮き指

浮き指は、ハンマートゥと同様に足趾が地面にしっかり接地せずに浮いた状態のままで立ち歩きをするくせのある足といえます。
自分でも気付かないことが多く、からだのの姿勢が崩れバランスが悪いために腰痛・肩こり・足裏の痛み・ひざ痛などを起こす可能性があります。
●浮き指の原因
足裏の筋肉や足指の関節の運動不足や足の運動機能の片寄った使い方によるものと考えられます。
大き目の靴・パンプス・サンダルなど脱げやすい靴を履いている場合や靴のかかとを踏みつけて履くような時に発生する頻度が高まります
この様な原因の結果、足の横アーチが広がり、開張足や外反母趾を生じながら浮き指も進行していく可能性があります。


浮き指の主な症状と合併症
浮き指の大半の人が足の指先を曲げてグーをさせたとき、足指の付け根が曲がりません。通常は足先を握り締めるようにグーをつくると足指の付け根の甲側に関節のくるぶしがはっきりと現れるぐらい曲げることができます。
浮き指の人は、足指を曲げて踏ん張ることをしないため足指の付け根の関節が固まってしまいます。
浮き指の方は、足裏に胼胝やうおの目ができやすく、また足底腱膜炎や踵骨棘などの足裏の痛みも起こりやすい傾向が見られます。外反母趾に伴って併発しているケースも多く両者の合併によりとても身体のバランスが不安定となります。


●浮く指を伴う外反母趾

横アーチ 開張足
      健康な横アーチ         横アーチの変形

横アーチが何らかの原因で変形すると、開張足(横アーチのゆるみ)が起きます。
本来、足の裏の空洞の部分が床(靴の中底)に当たります。
この時に摩擦が繰り返し起き、足の裏にタコができることがあります。

又、開張足(横アーチのゆるみ)が進行すると、足幅が広くなり、アヒルのヒレの様な形になります。親指に筋肉があるため、もとの位置に戻ろうとします。
この時に、親指の付け根が曲がり炎症が起きることが外反母趾になります。
同じように小指が曲がることを内反小趾と言います。

外反母趾内反小趾の進行防止や対策にらくじきをおすすめします。

                     今すぐ購入
●靴正しく履けていますか?

靴が正しく履けている @正しく靴が履けている状態
左の写真は、カカト合わせで靴ひもがしっかり結ばれ、足が固定できています。
履き口が小さくなり、靴の中で足がズレません。
靴が正しく履けている A靴ひもが正しく結ばれています。
左の写真も上と同様で履き口の周りに隙間がなく安定しています。
毎回、必ず靴ひもを結び直し、カカト合わせで靴を履きます。
足が前に滑りません。
靴が正しく履けている B靴の中での正しい足の位置
左のの写真は、カカト合わせで靴を履いています。
つま先に十分な余裕が生まれます。
歩行時に体重が指にかかった時でも、指先が圧迫することはありません。
指先に1センチの余裕です。

トラブルの原因となる靴の履き方

足が前滑りを起こしている C前滑りをしている
左の写真は、靴のサイズが合っていないため前滑りを起こしています。カカトに隙間があるため歩行時にカカトが脱げる状態です。
指先の圧迫、横幅が合っていません。
足指が痛くなったり、足の小指が痛くなったりします。
ハンマートゥを起こしている Dハンマートゥ
左の写真は、前滑りを止めるため無理をしているため指に力が入りすぎます。
指で砂をつかむような状態をするため、足の横のアーチが崩れるとともに、土踏まずが浮き上がってしまいます。
長時間この状態で歩行すれば足は悲鳴を上げます。
甲のゆるみ E甲がゆるすぎる
左の写真は、足の甲が合っていないため、靴の中で足が泳ぎます。足が前に滑ったり、横にズレタリします。
歩行時に余分な力が必要となり、とても裸足に近い状態ではありません。
安定した歩行は無理です。
インソールによる指の圧迫 Fインソールによる圧迫
左の写真は、靴を調整するためにインソールを使いましたが、厚みがあるため足の指の上の部分が靴の天井に押しつけられています。歩行するときは必ず指で地面を蹴りだします。指が圧迫すると正しく力が伝わらず、指を痛めてしまいます。

靴のトラブルからの改善方法

らくじきの位置 らくじきを敷いた状態
左の写真は、当社の「らくじき」を靴に敷いた状態です。
靴の中の全体ではないため、十分なゆとりが生まれます。歩行時に裸足の感覚を体感できる状態です。
「らくじき」を使用すると指先が圧迫されません。
指先が解放されます。
土踏まずにしっかりと体重が乗ります。足裏を支えるため甲が少し持ち上がり、靴の甲の部分に足がフィットします。  
らくじきは写真のように両脇が立ち上がり、靴の横幅を狭くすることができます。
サイズ表示に横幅が示されています。EEE,EEEEなどと明記されています。
しかし、足の実測値はEぐらいと言われています。
緩い靴が楽と販売されていますが、緩すぎるため靴の中で余分な力がいるため足を痛めてしまいます。

らくじきはこのトラブルを防ぐことができる唯一のインソールです。

横幅を狭くし、足裏から持ち上げることで甲周りを靴に密着することで足を靴に固定させます。
靴と足が一体になること、裸足の感覚で歩行することができます。

らくじきの使用は指を痛めない
サイドが立ち上がります
横幅を狭くします

靴を正しく履けると足のトラブルは少なくなったり、予防できたり、改善できます。

らくじきの効果

らくじきを使用すると足はどうなるか
らくじきの立体状況 らくじきの裏面 縦アーチ、横アーチ
写真のようにらくじきは、靴の中に敷くと両サイドが立ち上がります。
世界で初めての可動式サイドパット付きのインソールです。
土踏まず、外側踏まずをらくじきにより挟むことで、横ブレが防ぐことが可能になります。
足裏の横アーチ、内側縦アーチ、外側縦アーチを下からしっかりサポートします。
写真のように裏の分部に4個のアーチサポートとラテックス素材により足裏をやさしく保護します。
靴の中で足そのものがしっかり固定され、余分な力をかけずに歩行することができます。
らくじきの構造が特殊な為、自然と5本の指を使って歩行できる為、足首をよく使います。
4個の立体パットの配置バランスが工夫されている為、非常にバランスよく歩行し最後に親指に力がかかる構造になっています。
                               今すぐ購入


rakujiki fukuwaらくじき専門店フクワ

〒514-0035
三重県津市西丸の内6番4号
TEL 059-226-7336
FAX 059-271-8866