外反母趾にはインソール(中敷)「らくじき」を

外反母趾でお悩みなら中敷(インソール)「らくじき」を
フクワの紹介 らくじきの紹介 足の病気 足のトラブル 靴のリフォーム お客様の声 ご相談専用電話

足の痛みには立体インソール(中敷)「らくじき」をどうぞ

らくじき各種

▼足の病気
外反母趾
浮き指外反母趾
内反小趾
かかとの痛み
足の裏の痛み
足の裏の痛み
(指の付け根)
足底腱膜炎
痛みを消す方
ハイアーチ
偏平足
浮き指偏平足
巻き爪
モートン病
痛みを消す方法
タコ、マメ
セーバー病
痛みを消す方法
アーチ
ハンマートゥ
オスグット病
子供の足・靴
足のトラブル
アキレス腱炎
ウォーキング
冷え性
足のむくみ
仕事に適した靴
帰宅難民、困難
フクワ店長日記

東急ハンズで実演販売をしています。
日程はお問い合わせ下さい。

立体インソール(中敷)「らくじき」

フクワtop > 帰宅難民、困難
今、履いている靴でどれだけ歩けますか?
5時間歩くことできますか?

靴を歩きやすくする方法

今、履いている靴の構造を変えてしまいます。
婦人パンプス、婦人靴、紳士靴すべて考えかたは同じです。

一般のインソールを敷いた状態 一般のインソールに足を入れた状態
すぐに思いつくのがインソールです。それは正解です。
しかし、一般のインソールを敷くと、写真でわかるように足指が圧迫されます。
短時間は、あまり気になりませんが、本当に歩くと考えると大変なことになります。
指が圧迫されると、正しく地面を蹴ることができません。
反対に疲れを早くしたり、指を痛めて歩くこと自体が困難になることがあります。
らくじきを敷いた状態 らくじきに足を入れた状態
インソールの考え方を根本的に変えた商品です。
現在、足の守護神フットアシスト「らくじき」と言う商品で販売されています。
何故、違うかと言うと「らくじき」をインソールメーカーに製造販売しませんかと4社に売り込みに行ったところ、全メーカーの開発部の方が、製作構造が理解できないと言うことで断れました。
根本的にインソールメーカーが開発した商品と足と靴はどうあるべきかを考えている人間、
シューフィッター(私、らくじき開発者)との考え方の違いとなっています。

写真を見てわかるように、インソールは真ん中にあります。
かかと部分は深く、指先は大きく空間があります。
インソールに横の部分をつけることにより、足そのものを固定することができます。
他社製品に比べて、横スベり,前スベリが非常に少ないです。


靴の中の空間


何故、靴のつま先に1センチぐらいの空間が必要か知っていますか?

普通にたったとき、足の指は少し曲がって(くの字)います。
地面を蹴る瞬間、足指がぐっと伸びます。
個人差がありますが、3ミリから7ミリくらい伸びると言われています。

この時、指先に靴のつま先が当たったり、インソールで圧迫が起きれば歩けますか?

一般論で良いと思っているものでも、反対に足を悪くするものもあります。

「らくじき」は靴の中で、足指を最大限に有効に使えるインソールです。


らくじきは疲れないのか?

らくじきを使うと足の疲れは大きく変わります。
一般マラソンに使われた方、ホノルルマラソンを走られた方など、多くの愛好家が実際に使用して、違いを報告してくれています。
5時間歩いても大丈夫、足が疲れにくいインソール。

らくじきの立体状況 らくじきは何故このような形をしているのでしょう。

靴の中に敷くと両サイドが立ち上がります。
靴の横幅を狭くすることができます。

つま先の部分とかかとの部分に従来のようなインソール素材がありません。
足指の圧迫を避けるためです。
かかとの部分は靴のかかとの深さを最大限に行かすためです。
●かかと着地の部分は、靴本体の構造による衝撃吸収を利用します。

●つま先の部分は、けり足になるため、しっかりと踏ん張ることが必要な為、靴反来の構造を利用します。

らくじきの裏面は、4個の凹凸のアーチパットがあります。
これを利用し横アーチ、縦アーチをしっかり支えます。

足そのものを、両脇から挟むことで、足裏がドーム状になりやすくなります。
ドーム状になったものを落ちないように、4個の凹凸のアーチパットでしっかりと支えます。

足そのものが、靴の中でしっかり固定され、4個の凹凸のアーチパットのクッションで足裏の衝撃吸収をし、歩き疲れを予防し、痛い足裏から開放されます。
らくじきの裏面
縦アーチ、横アーチ

専門からの評価

実際に患者様に体験をしていただきました。

「整形外科医からいただいた外反母趾に対するコメント」

整形外科医(愛知県)から外反母趾の患者に「らくじき」を使用したところ右足30度角度が24度に、左足は28度が21.5度に改善したとの報告を受けました。

「らくじき」を使用することで、靴の中で足が横ズレ、前ズレが防止され、また「らくじき」の裏の4個のパットが効果的に足の縦アーチ、横アーチを効果的にサポートする。靴の中で、足が安定
するためバランスよく歩行することができる。「らくじき」は非常に効果的である。

とコメントをいただきました。

本田技研鈴鹿ハンドボール部トレーナーからコメントをいただきました。
足底腱膜炎、足底筋膜炎の為、テーピング固定をしている選手に「らくじき」を毎日使用し、練習を続けた結果、足の痛みは改善し、何もしなくてプレーができるようになった。

とコメントをいただきました。

何時間でも歩ける靴

らくじきを使用することで、非常に歩きやすくなり、足の痛み、疲れに対して効果的なインソール。

らくじきはどんな靴に使えるか?
サンダル類を除くほとんどの靴に使うことは出来ます。

足の土踏まずの部分にくるように、靴の中にらくじきを敷きます。
歩行時にらくじきがずれる事があれば、両面テープで固定することを薦めています。

フットケア 仕事の靴


注文へ


発送について
ご注文後速やかな発送に心がけています。

お急ぎのお客様はファックス注文をしてください。
ファックスによる注文は随時発送いたします。(24時間対応)
    
ファックス番号: 059-271-8866
  
(郵便番号、ご住所、電話番号、ご希望商品、個数、配達希望時間)

ファックス番号: 059-271-8866
  
(郵便番号、ご住所、電話番号、ご希望商品、個数、配達希望時間)

                       らくじき注文

フクワtop > 足の病気 > フットケア
らくじきの機能、使用方法(約5分)
    メーテレ”ドデスカ!”放送
 映像は税率変更前の価格です
   らくじきの注文


インソール(中敷)実演にて


Copyright(C) 2010 Fukuwa All rights reserved.