ハンマートゥ・外反母趾にはインソール(中敷)「らくじき」を

外反母趾でお悩みなら中敷(インソール)「らくじき」を
フクワの紹介 らくじきの紹介 足の病気 足のトラブル 靴のリフォーム お客様の声 ご相談専用電話

足の痛みには立体インソール(中敷)「らくじき」をどうぞ

らくじき各種

▼足の病気
外反母趾
浮き指外反母趾
内反小趾
かかとの痛み
足の裏の痛み
足の裏の痛み
(指の付け根)
足底腱膜炎
痛みを消す方
ハイアーチ
偏平足
浮き指偏平足
巻き爪
モートン病
痛みを消す方法
タコ、マメ
セーバー病
痛みを消す方法
アーチ
ハンマートゥ
オスグット病
子供の足・靴
足のトラブル
アキレス腱炎
ウォーキング
冷え性
足のむくみ
仕事に適した靴
帰宅難民、困難
フクワ店長日記

東急ハンズで実演販売をしています。
日程はお問い合わせ下さい。

立体インソール(中敷)「らくじき」

フクワtop >らくじきtop > 足の病気 > ハンマートゥ
ハンマートゥ
足の指曲がっていませんか?
グーになっていませんか?

          お悩み解決
               即効の結果


ハンマートゥ

「らくじき」があればお気に入りの靴が楽に履ける
足の指で歩ける中敷 ”らくじき
ハンマートウ

ハンマートウハンマートウは、きつい靴に合わせて指が曲がり続けた結果、指を曲げるときに収縮する屈筋腱が硬くなり、指が伸びなくなってハンマーのように変形してしまうものです。
又、きつい靴だけではなく、大きい靴を履いたり、かかとがパカパカと脱げるような靴を履き続けると同じような症状を発症する事があります。大きすぎたり、脱げたりすると指先で地面をつかむような仕草(指がグー状態になること)をすることにより、指を曲げるときに収縮する屈筋腱が硬くなり、指が伸びなくなってハンマーのように変形してしまうものです。

ハンマートゥ による足の痛み

足に痛みがある危険性!
痛みがある。我慢する。一番危険です。
痛みがあると、痛みの部分をかばう為、必ずかばい足になります。
足にひねりや、ゆがみができ左右のバランスを崩し、足の痛みのほか、膝の痛み、腰の痛みなど複合的に痛みを発症する可能性があります。

本来の足の痛さ以外に痛みが出たときはまずは、最初の足の痛みを疑ってください。

らくじきは、足のトラブルで悩んでいる方が靴を快適に履く為のサポート商品です。
靴を履いている時は、痛みが軽減し足が楽です。又、靴脱げ予防により歩きやすくなります。

外科的治療は
「曲がっている関節にタコ(胼胝)ができて激しく痛みます。外来で屈筋腱を切って、曲がった指を伸ばすという治療をすることもありますが、指は曲がりにくくなります」足の場合、親指以外はあまり曲がる必要はないものの、こうした治療を受けるよりは、靴選びに注意して予防したいものです。
外科的治療以外の方法

靴の中で足が滑り落ちたりゆるい靴で指に力がかかりすぎることを防ぐのに中敷を使い靴の中で足を固定をさせます。
中敷の使い方として指先を圧迫するタイプを使用すれば全く効果が無く、かえって足を痛めてしまうことになります。
当社開発の「らくじき」を使用すれば指先が開放されなおかつ足が靴に固定されます。それゆえに靴がパカパカと脱げることが防がれます。
                         「らくじき」の構造、効果はこちらへ 

足の状態

ハンマートゥ ハンマートゥになった状態の指の形になります。指の関節が靴に当たり続けてタコになる恐れがあります。
長い間、同じ形にいるために変形した状態で指が伸びずに最悪痛みが起きます。

ハンマートウの典型的な指の形です。
指に力が入らないため、歩行時に足全体を使って歩くのではなく、引きずるようなかばい足になり、バランスの悪い歩行になるといわれています。

らくじきは母趾球の後ろに使う 左の図がらくじきを使用した状態です。足が甲で固定され、指先に余裕がうまれます。
痛みが軽減され、指が伸び、指に十分力が伝わり歩きやすくなります。
一般のインソールによる指の圧迫 左の図は、靴に一般の中敷を敷いた状態です。指先が圧迫されて効果があまりありません。

一般のインソールとらくじきの比較   らくじきの立体状態 らくじきの裏面

●最初の写真
らくじきを他社の商品に重ねました。形、大きさに大きな違いがあります。
らくじきのない部分は靴の中敷になります。直接足が靴の中敷に当たります。
らくじきは、指の付け根から、土踏まずの後ろの部分までになります。

●真ん中の写真
らくじきを靴の中に敷くと写真のように両サイドが立ち上がります。
足を両サイドから挟むことにより足を前に滑り落ちることを防ぎます。

●最後の写真
インソールの裏に4個のパッドがあります。丸いパッドが横アーチサポートします。
丸の下に縦型のパッドが3個並んでいます。内側縦アーチ、縦アーチ、
外側縦アーチをサポートします。
靴の中に敷くき、足を入れると甲を少し圧迫します。
これにより、足が前に行きにくくなり、指先に大きな空間ができます。
ハンマートゥの指が楽になり、長く続けることで、指の負担が軽くなり、
曲がった指が伸びやすくなると考えます。

                   らくじき注文
発送について
ご注文後速やかな発送に心がけています。

お急ぎのお客様はファックス注文をしてください。
ファックスによる注文は随時発送いたします。(24時間対応)
    
ファックス番号: 059-271-8866
  
(郵便番号、ご住所、電話番号、ご希望商品、個数、配達希望時間)

らくじきの秘密

らくじきの裏は何故4個のパッドを使いサイドからはさむのか・・・・・大事な理由があります。
足の裏の1部分を持ち上げるとバランスが必ず崩れます。

真ん中だけ上げると、左右にふらつきます。内側だけを上げると体重が外に逃げます。
O脚足になる可能性があります。反対に外側だけを上げれば、体重が内側にかかりすぎX脚になる可能性があります。
後ろを上げすぎると前に力がかかりすぎるために前にもパッドが入っています。

両サイドから足を挟むと足裏にアーチができやすくなります。

5本の指とかかとが靴の底に当たり、真ん中の部分が「らくじき」によって支えられます。
自然とアーチができる構造になっています。

部分的な補助材との違い
一番よく目にするのが土踏まずの部分を補強しようとするアーチサポート。
これ本当に大丈夫?
土踏まずをしっかり補強して内側から一部だけを上げれば、外側に傾きが出ます。
少しの傾きと言われるかわかりませんが、人間のからだの左右の脚の長さの違いは5ミリ〜8ミリと言われています。そこに意識して、部分的に厚みを加えればバランスを崩し、尚且つ外側に力がかかる、すなわちO脚に自分からしていることになります。

このように、部分的には、簡単でお手軽のように考えられますが、足のバランスを考えれば非常に危険と考えます。

「らくじき」は靴の中で足が非常にバランスよく入られるように工夫してあります。


らくじきと普通の中敷を靴の中に敷いて履き比べていただくとすぐにわかって頂きます    らくじきの注文(詳しい方法)こちらへ 

フクワtop >らくじきtop > 足の病気 > ハンマートゥ

らくじきの機能、使用方法(約5分)
    メーテレ”ドデスカ!”放送
 映像は税率変更前の価格です
   らくじきの注文

「番組で放映されました」

アサヒコム朝日新聞掲載

新広島放送で放映されたビデオ
新広島放送【スーパーニュー】で
「らくじき」を紹介いただきました
  
画面をクリックしてください

整形外科足の専門医より「らくじき」の評価をいただきました。
  ●靴脱げ防止ベルト
    グットらくらく

 ●らくジェルのご案内
インソールの違い
お客様の声
メディアの紹介
先生のコメント
サンプルの貸し出し
らくじきの取扱店
----------------------
靴サイズ調整
らくじきバランスチェック
 ●靴のリフォーム
 ●靴のリフォーム U
足知っていますか
靴脱げ・かかと抜け
足トラブルと靴の関係
らくじきの注文
使い方
らくじきの使用感
----------------------
法律に基ずく表示
サイトマップ
お店の紹介
プライバシーポリシー

インソール(中敷)実演にて




Copyright(C) 2010 Fukuwa All rights reserved.