>
本文へスキップ

靴脱げ、かかと脱げ、外反母趾、モートン病でお悩みなら、インソール「らくじき」を

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.059-226-7336

〒514-0035 三重県津市西丸の内6番4号

足の裏の痛み(スマホは横画面で)

お悩み解決

足が痛いと多くの方が言われています。細かく部分を区切って見てみます。
土踏まずの部分が痛い。 指の付け根が痛い。 カカトの部分が痛い。
外反母趾、内反小趾が痛い。 足趾がしびれる等々あります。
特効薬的効果のある治療方法は見つかっていません。
しかし、対策はあります。
らくじき      お悩みかいしょう!
「足の裏の痛みでお悩みなら「らくじき」を試してみませんか」


足の痛みを緩和させることは、「らくじき」には出来ます。
      アーチサポートインソール「らくじき」

●らくじきを使用することで横アーチを安定させ、横から足を包むことで、靴の中で足の前滑りを止め、横滑りを止めることにより、土踏まずをしっかり支えることができ、前にかかる力を分散させ、靴と足をフィットさせることにより痛みを緩和させます。

足裏のポイント

足裏の痛い部分 足の裏の痛みには、大きく分けると左写真のところになります。
足の指の付け根の部分が痛くなります。
 指の付け根部分

足の裏全体に近い、土踏まずの部分が痛くなります。  
足底腱膜炎

足の裏の痛みの原因は、靴と足の関係になります。
対策は、原因がわかっているのでしっかり対応すれば痛みは緩和させることができます。

病院ではありませんから、治療はできませんが、足の痛みを和らげたり、緩和させることはできます。
足裏の痛い部分

足の裏は平らでありません。土踏まずがありそれがバネのような働きをして着地のショックを吸収してくれます。
前のめりになって倒れかけたとき、足で踏ん張れるのもこの土踏まずのおかげです。

アーチバランス 土踏まずは親指から踵にかけての縦のアーチ、親指と小指が一番地面に近く、その他の3本の指はこの2本の指より高い位置にあるという横のアーチです。そういうアーチがあって足が前後左右にバランスを取り易いように、また指の踏ん張りが利くような構造になっています。
横のアーチは失われやすく、狭い靴を履いていたりすると、足の指の踏ん張りが利かないからアーチを作る筋肉が弱ってアーチが失われるといわれます。親指の隣、2番目の指(人差指にあたる)の付け根が直接地面に打ちつけられて腫れ上がってくる。これを第2中足骨骨頭痛という。

横のアーチが緩んで足裏を支えきれなくなり、直接靴の底に押し付けられて、だんだんとダメージが蓄積し、耐えらえないような痛みと進行していきます。
足そのもが原因のときと、靴が原因の時があります。
対策として、土踏まずで体重を支え、足裏全体に圧力を分散させると痛みは緩和するようです。
当社の「らくじき」を使用している皆様から、痛みが緩和されたとコメントをいただいています。

横アーチ 開張足
      健康な横アーチ         横アーチの変形

横アーチが何らかの原因で変形すると、開張足(横アーチのゆるみ)が起きます。
本来、足の裏の空洞の部分が床(靴の中底)に当たります。
この時に摩擦が繰り返し起き、足の裏にタコができることがあります。

着地時に足指を使った歩行が出来ないために起きていると考えられます。

               らくじき注文ページ

原因

上記に述べたように、原因は靴と足があっていないことです。
指の付け根が痛くなるのは、靴の中で足が前滑りをお越し、指がグー状態になり、体重が乗らないため無理な歩行を長時間続けるために起きる現象です。悪化してしまうと、裸足で家の中にいても痛くなりますが、初期のころは靴を履いている時だけが痛いと言われます。
靴の種類は関係なく、ヒールが高い低い、スニーカーなどあらゆる靴です。
緩すぎる靴を履いていると起きます。

足の裏全体が痛くなるのは、靴の土踏まずの部分が足の土踏まずに沿わない時に起きます。
緩い靴を履くと必ず靴の中で足がずれます。
その時に、体重の数倍の負荷が足の裏にかかりますが、土踏まずの位置が毎回ずれれば負担が増大します。
その状態を、一日数千歩から一万数千歩、歩けば足は悲鳴を上げます。

裸族(はだかの種族)は足のトラブルが少ないと言われています。
何故か?  靴を履かないからです。
裸足で土の上を動き回ります。自然と土踏まずが出来上がります。
足に合わない靴を履くことで、足そのものに負担をかけすぎ、足を痛めてしまっています。

対策

 らくじき 当社の「らくじき」は左写真のように4個のアーチサポートがあります。横アーチ、内側縦アーチ、外側縦アーチ、真中を下からしっかりと支えます。 
左写真のように当社「らくじき」を使用すると、土踏まずの部分を両脇から挟むことにより、
横滑りを止めると同時に、土踏まずをしっかりと支えることができます。また、写真で分かるように「らくじき」はつま先までインソールがありません。つま先が窮屈になりません。

靴の中で足を安定させ、指先に大きな空間を空け、指に体重が乗るような歩行ができる状態にすることができれば、痛みは改善できます。 
らくじき使用例

足の裏と靴の形状

足の裏に色んな症状の痛みが何故起きるか、考えて事あります。
靴の木型を足と考えてみました。

木型  左の木型の写真を見ていただくと、内側縦
アーチ、外側縦アーチの部分が浮いている為、反対側が見えます。
木型は、浮いたいるため踵の部分と横アーチの部分の2か所だけが接地しています。
この状態で足を想像して負荷がかかれば
下の写真の部分が痛くなります。
 足の痛い部分 足の痛い部分   足の痛い部分

木型をもとに靴を作るため足の形状と靴の中の形状が合わないことがわかります。
木型
木型と靴  写真上の木型を靴の中に入れてみると、土踏まずの部分が完全に浮き上がり、踵の部分と横アーチの部分の2か所のみで支えられているのが理解できると思います。

安定した歩行は困難と思われます。
木型と靴とらくじき  靴の中に「らくじき」を敷いてみました。
土踏まずの浮いていた部分が完全に埋まりました。 
足の裏全体で支えることになります。
足の個々の部分に負荷がかかるのではなく、足の裏全体で受けるという形になります。

      らくじき裏面
4個のアーチパットは足の裏全体にかかる負荷を分散して足の裏を守ります。
木型と靴とらくじき


●土踏まずだけを補強するパットなどがあります。内側だけを高くすると、小指側の負担が大きくなりすぎます。一般的にO脚と言われているように、より進行が考えられます。
外側も上げると、今度は真中が下がります。
「らくじき」はバランスが考えられています

らくじきの特徴

●左上の写真は、当社のオリジナルインソール。
立体インソール「らくじき」
(別名:足の守護神 フットアシスト)

●らくじきの裏面には形、大きさの異なる4個の立体クッションから、成り立っています。

●この立体クッションのバランスにより、靴に敷いて歩いた時は今までに体感したことのない、やさしいソフトな足ざわりになります。

●靴に敷くと下写真のように両サイドが立ち上がり、足を両側から包み込むようになります。

●歩行時に、体重がかかる箇所に4個のアーチクッションがほどこされているため、足の裏の痛みや違和感を緩和してくれます。

●靴を履いていて、足の裏が痛いということが、経験ありますか?
この立体インソール「らくじき」を使用すると、足の裏の痛みや違和感が、嘘のように楽になります。

●履いたときに、皆さんが、あ、らく〜〜〜と言われた言葉が商品名の「らくじき」となりました。
      らくじき注文ページ
         
らくじきに足を入れた状態



rakujiki fukuwaらくじき専門店フクワ

〒514-0035
三重県津市西丸の内6番4号
TEL 059-226-7336
FAX 059-271-8866