>
本文へスキップ

靴脱げ、かかと脱げ、外反母趾、モートン病でお悩みなら、インソール「らくじき」を

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.059-226-7336

〒514-0035 三重県津市西丸の内6番4号

「らくじき」は世界初の立体中敷として特許取得したインソール(中敷)です。足裏(縦アーチ・横アーチ・土踏まず)すべてをインソール(中 敷)で包み込み重心を足の真ん中にすることで傾き(O脚化・X脚化)を防ぎます。普通のインソールと違い、アーチをしっかりと作ることを意識した世界初の立体インソール(中敷)です。

パンプスの靴脱げ・かかと抜けでお悩みなら(スマホは横画面で)

らくジェルを使用すると足の指が使いやすくなる。足裏のバランス改善をすることで、
背筋を伸ばしてしっかりと歩行することが出来るため、体中の痛みから解放されます。
らくジェルの使用により、体重分散をし、中足部を絞めることにより足幅が広がりません。
大きすぎる靴は足に良くないので、世界で唯一靴の横幅を狭くすることのできるインソールです

パンプスのカカトが脱げる本当の理由

パンプスの踵が脱げる本当の理由は、横幅の合わない状態で靴を履いているからです。
反論される方、足の踵とパンプスのカカト部分を合わせてみて下さい。
足は後ろに下がり、甲の部分が緩くなります。前にスベルから脱げるのです。


簡単に説明をすると前に滑っているだけです。縦サイズが大きいのではなく、横幅が合っていないだけです。
よく言われる言葉!横幅は丁度良いですが、かかとが脱げます。根本的な靴の履き方が間違っています。
横幅が合っていないので前滑りを起こしています。サイズ選びが間違っています。

 
写真のように靴のカカトと足の踵がピッタリと合い、甲の部分が心地よい圧迫で押さえつけられ、指先に余裕がある状態がベスト。指が綺麗に伸びています。(つま先に余裕があり体重が乗った時に指で地面を蹴ることが出来ます。)

足が前に滑り靴のカカトと足の踵が離れてしまうと、カカトがパカパカと脱げると同時に指先を痛めたり、足の裏、指の付け根に痛みが出ます。指がハンマートウになっています。又、横アーチを崩す原因となります。

写真のようにつま先に詰めたり、踵部分にパットを貼り付けることがありますが、基本的に縦の長さを小さくするために、足指を痛めたり足裏を痛めたりします。指がハンマートウになっています。長時間の歩行困難や、足を痛めることがあります。

インソールらくジェルを使用すると!

        

踵部分、つま先部分にインソールがありません。靴のサイズを小さくしないためです。指先を圧迫することはありません。土踏まず部分を内側から外側まで包み込みます。人工的に縦、横アーチを作り出すと同時に足裏を支えます。足裏のクッションと甲周りを狭くすることで、 パンプスの前滑り、踵脱げを止めます。又、外側からも支えることでO脚化を防ぎます。

指先に空間ができています。指先を圧迫しません。土踏まずの部分がフィットします靴のカカト部分と足の踵がフィット
します。安定した履き心地が確保されます。
自然に踵から指先に対し、足裏からの伝動ができます。安定した歩行とバランスの良い歩行ができます。簡単に言えば、美しい歩行ができます。

         今すぐ購入  

らくジェルを使用するとどれくらい脱げなくなるか!



パンプスの靴脱げ対策




                今すぐ購入