内反小趾にはインソール(中敷)「らくじき」を

外反母趾でお悩みなら中敷(インソール)「らくじき」を
フクワの紹介 らくじきの紹介 足の病気 足のトラブル 靴のリフォーム お客様の声 ご相談専用電話

足の痛みには立体インソール(中敷)「らくじき」をどうぞ

らくじき各種

▼足の病気
外反母趾
浮き指外反母趾
内反小趾
かかとの痛み
足の裏の痛み
足の裏の痛み
(指の付け根)
足底腱膜炎
痛みを消す方
ハイアーチ
偏平足
浮き指偏平足
巻き爪
モートン病
痛みを消す方法
タコ、マメ
セーバー病
痛みを消す方法
アーチ
ハンマートゥ
オスグット病
子供の足・靴
足のトラブル
アキレス腱炎
ウォーキング
冷え性
足のむくみ
仕事に適した靴
帰宅難民、困難
フクワ店長日記

東急ハンズで実演販売をしています。
日程はお問い合わせ下さい。

立体インソール(中敷)「らくじき」

フクワtop > 足の病気 > 内反小趾

お悩み解決
          即効の結果


らくじき  「内反小趾の痛みを少しでも楽にするため
”らくじき”を試してみてはいかがですか。」


らくじきを使用することで横アーチを安定させ、横から足を挟むことで、開張る足を進行を予防し、靴と足を
フィットさせ痛みを緩和させます。

内反小趾ですか?


●内反小趾、外反母趾は横アーチの緩み(開張足)原因と言われます。
らくじきを使用すると開張足になる場所を保護します。

改善策は、靴を使用することで足のウエスト部分をしっかり固定することです。
らくじきを使用することで、足のウエスト部分を固定でき、横アーチ、縦アーチを足裏から
しっかり支えることができます。

「らくじき」の詳しい説明、お求め方法は、このページの下に記載しています。

内反小趾 内反小趾、外反母趾は靴が原因ではありませんが、大きな要因です。
正しく、靴はけていますか?   
緩い靴を履いていませんか?
ヒールの高い靴、作業靴、スニーカー、ローファー、バレーシューズ、ブーツなど靴の種類は関係ありません。

足に合っていますか?

内反小趾は外反母趾と同じように横のアーチの変形(開張足)を起こしていると考えます。
小指側の皮膚がヒリヒリと痛いときは、保護パットを当てることにより、炎症を緩和させます。

皮膚ではなく、内側が痛いときは横アーチそのものに支えを入れ、安定させることを薦めます。

横アーチパットは色々ありますが、当社の「らくじき」は横アーチの部分が他社製品に比べ、
少し前の位置にあります。これにより、横アーチをしっかり支えることと、歩くことのために
5本の指に体重が乗りやすくなります。
しっかりと指を使った歩行ができます。

お客様によく言われることがあります。
靴の横幅は丁度いいのですが、かかとの部分がパカパカと脱げるのでなおしたい。
この時、足は前に滑り落ち非常に足の状態が悪い時です。
靴は、横幅が丁度よければかかとは脱げません。

このように、自分では合っていると思う靴は、本当は足に合っていないのです。
この状態が、足の病気の始まりです。

靴が原因ではなく、靴が要因と言われる理由です。

「内反小趾でお悩みなら「らくじき」を試してみませんか」

 インソール調整が有効な手段です。

                      らくじき注文

●足の痛みを緩和するなら当社の「らくじき」を使用すると驚くほど楽になります。
個人差はありますが、痛みを感じなくなる方がほとんどです。


内反小趾

足のアーチの役割は

小趾が内反する疾患です。外反母趾と似たような症状が足の小指に起こることを言い、要するに足の小指が親指側に曲がり、指の付け根が外側に出っ張ります。
外反母趾と同時に起こる事も多くあり、女性の方が窮屈なハイヒールなどを履くため痛みが出る事が多いのですが、男性にもあるようです。

小指が親指側に傾く症状。つま先の細い靴などを履き続けているとなりやすい。 また、常に体重を小指側にかけてしまうと小指が反転 して、マメやウオノメができやすいので要注意。

内反小趾による足の痛み

足に痛みがある危険性!
痛みがある。我慢する。一番危険です。
痛みがあると、痛みの部分をかばう為、必ずかばい足になります。
足にひねりや、ゆがみができ左右のバランスを崩し、足の痛みのほか、膝の痛み、腰の痛みなど複合的に痛みを発症する可能性があります。

本来の足の痛さ以外に痛みが出たときはまずは、最初の足の痛みを疑ってください。

らくじきは、足のトラブルで悩んでいる方が靴を快適に履く為のサポート商品です。
靴を履いている時は、痛みが軽減し足が楽です。又、靴脱げ予防により歩きやすくなります。

内反小趾(外反母趾)に対するらくじきの効果

「整形外科足の専門医からいただいた外反母趾に対するコメント」

整形外科足の専門医(愛知県)から外反母趾の患者に「らくじき」を使用
したところ右足30度角度が24度に、左足は28度が21.5度に改善した
との報告を受けました。

「らくじき」を使用することで、靴の中で足が横ズレ、前ズレが防止され、
また「らくじき」の裏の4個のパットが効果的に足の縦アーチ、横アーチを
効果的にサポートする。靴の中で、足が安定するためバランスよく歩行
することができる。「らくじき」は非常に効果的である。

とコメントをいただきました。

足の専門医が「らくじき」を
医学書で紹介してくれました。

らくじきが医学書に紹介されました。
外反母趾FAQ予防・治療の実践ガイド
著者:柴田 義守 先生  
岡崎南病院整形外科部長
(日本足の外科学会名誉会員)
出版社:診断と治療者

 

内反小趾を簡単に表現すると

内反小趾を簡単に表現すると足の本の骨をつなぐ靭帯が緩んでき、開張足を起こします。
開張足を起こすと足の横幅広がり足の裏のアーチが変形をし、偏平足を起こします。
小指には筋肉がありもとの位置にいようとする働きと、足そのものが広がろうとする反対の力がかかり曲がったようになるのが内反小趾です。
(小指が親指の方向に曲がる) 「らくじき」は縦アーチを3種類(内側縦アーチ、中央縦アーチ、外側縦アーチ)を使い、前方に横アーチを支えるパットを使い中足骨全体を下から支えます。
これに伴い、足の指全体に力が入りやすくくなります。特に親指に力がかかりやすくなります。

内反小趾になってしまうと小指に力が入りにくくなります。
小指を使うことがリハビリになります。
痛みがある内にリハビリやインソールを使いアーチをサポートしましょう。
この時期をうまく乗り切れば進行を止めることは可能と考えます。

           「らくじき」の構造、効果はこちらへ

            らくじきの注文(詳しい方法)こちらへ 

内反小趾の原因

小指側の横中足靭帯が伸びてしまうと、第5中足骨も外側に開く形となり、逆に小指は内側に曲がり、小指の付け根や小指自体に体重が集中して痛みが起こりやすくなります 一般的に足底挿板を用いますが日本の市販靴に合わせた薄い中敷きでは効果も薄くなります。厚い中敷きの第5中足骨の骨頭部分への圧力が減るように薄くします。それ以外の部分、特に中足部の横アーチを厚くしますが一般的には販売されていなく、中敷のオーダーに頼ることが多いです。

しかし、当店の中敷(インソール)「らくじき」は上記の機能をすべて持ち合わせています。
「専門医の治療を受けながら、らくじきをお試しください」

らくじきは、足のトラブルで悩んでいる方が靴を快適に履く為のサポート商品です。

靴を履いている時は、痛みが軽減し足が楽です。又、靴脱げ予防により歩きやすくなります。
  
足に合っていますか?


                    らくじき注文
発送について
ご注文後速やかな発送に心がけています。


お急ぎのお客様はファックス注文をしてください。
ファックスによる注文は随時発送いたします。(24時間対応)
    
ファックス番号: 059-271-8866
  
(郵便番号、ご住所、電話番号、ご希望商品、個数、配達希望時間)

内反小趾の痛みや特徴

曲がった部分の関節が圧迫され炎症を起こすことがあります。
関節の痛みより、足の裏に痛みが起きることが多くあります。 例えば足の裏の母趾球と小趾球の間にタコができたり、指の付け根に痛みが出ることがあります。

内反小趾の対策

中足骨変形にともない小指の側面の圧迫が原因とされます。
小指の側面を圧迫から開放することと中足骨を足裏からサポートすることで改善させようとします。

痛みがあるときは、一番大事な時期と考えてください。痛みがなくなったときは、骨格が固まった(?)状態になるので、治ったのではなく、ドンドン進行する可能性があるときです。
中足骨の変形に伴い偏平足になることも考えられます。又、力のかかり方に偏りが起きやすなるため足関節の内反や外反を併発することが考えられます。

内反小趾の勘違い

内反小趾と他の痛みと間違えている方が見えます。
特に小指の側面に痛みを感じその痛みを内反小趾と間違えています。
内反小趾は、小趾球のところから親指に曲がります。
靴の圧迫により、小指のタコや爪の痛みと間違えている方が見えます。

内反小趾にならないための靴選び

基本的に、小指に極端な圧迫を受けない靴選びをすることを薦めています。
地面を蹴る瞬間に5本の指全体に体重が乗せても大丈夫な靴です。

パンプスでもスニーカーでも地面を蹴る瞬間に5本の指全体に体重が乗せれる物を選んでください。

足の横幅が広いか狭いかで、選ぶ靴のデザインが変わります。

目で選ぶのではなく、履いた感触で選んでください。

内反小趾にならないためには:足合わせについて

自分の足の幅が広いか狭いか、簡単に知る方法。
少し前の部分が開いたサンダルを、普段購入するサイズで試し履きをしてください。
前に指が出て行く状態になる方は、足幅が狭いと思ってください。

普段愛用しているサンダルを履くと指が前に出てしまう方は足幅が狭いと思ってください、

足幅の狭い方は、指先が痛くなったり、小指の側面にタコなどが出来やすいです。

らくじきの秘密

らくじきの裏は何故4個のパッドを使いサイドからはさむのか・・・・・大事な理由があります。
足の裏の1部分を持ち上げるとバランスが必ず崩れます。

真ん中だけ上げると、左右にふらつきます。内側だけを上げると体重が外に逃げます。
O脚足になる可能性があります。反対に外側だけを上げれば、体重が内側にかかりすぎX脚になる可能性があります。
後ろを上げすぎると前に力がかかりすぎるために前にもパッドが入っています。

両サイドから足を挟むと足裏にアーチができやすくなります。

5本の指とかかとが靴の底に当たり、真ん中の部分が「らくじき」によって支えられます。
自然とアーチができる構造になっています。

部分的な補助材との違い
一番よく目にするのが土踏まずの部分を補強しようとするアーチサポート。
これ本当に大丈夫?
土踏まずをしっかり補強して内側から一部だけを上げれば、外側に傾きが出ます。
少しの傾きと言われるかわかりませんが、人間のからだの左右の脚の長さの違いは5ミリ〜8ミリと言われています。そこに意識して、部分的に厚みを加えればバランスを崩し、尚且つ外側に力がかかる、すなわちO脚に自分からしていることになります。

このように、部分的には、簡単でお手軽のように考えられますが、足のバランスを考えれば非常に危険と考えます。

「らくじき」は靴の中で足が非常にバランスよく入られるように工夫してあります。

内反小趾、外反母趾なぜ起きたか考えたことありますか?
何故、足が痛いか考えたことありますか?

靴正しく履けていますか?

靴が正しく履けている @正しく靴が履けている状態
左の写真は、カカト合わせで靴ひもがしっかり結ばれ、足が固定できています。
履き口が小さくなり、靴の中で足がズレません。
靴が正しく履けている A靴ひもが正しく結ばれています。
左の写真も上と同様で履き口の周りに隙間がなく安定しています。
毎回、必ず靴ひもを結び直し、カカト合わせで靴を履きます。
足が前に滑りません。
靴が正しく履けている B靴の中での正しい足の位置
左のの写真は、カカト合わせで靴を履いています。
つま先に十分な余裕が生まれます。
歩行時に体重が指にかかった時でも、指先が圧迫することはありません。
指先に1センチの余裕です。

トラブルの原因となる靴の履き方

足が前滑りを起こしている C前滑りをしている
左の写真は、靴のサイズが合っていないため前滑りを起こしています。カカトに隙間があるため歩行時にカカトが脱げる状態です。
指先の圧迫、横幅が合っていません。
足指が痛くなったり、足の小指が痛くなったりします。
ハンマートゥを起こしている Dハンマートゥ
左の写真は、前滑りを止めるため無理をしているため指に力が入りすぎます。
指で砂をつかむような状態をするため、足の横のアーチが崩れるとともに、土踏まずが浮き上がってしまいます。
長時間この状態で歩行すれば足は悲鳴を上げます。
甲のゆるみ E甲がゆるすぎる
左の写真は、足の甲が合っていないため、靴の中で足が泳ぎます。足が前に滑ったり、横にズレタリします。
歩行時に余分な力が必要となり、とても裸足に近い状態ではありません。
安定した歩行は無理です。
インソールによる指の圧迫 Fインソールによる圧迫
左の写真は、靴を調整するためにインソールを使いましたが、厚みがあるため足の指の上の部分が靴の天井に押しつけられています。歩行するときは必ず指で地面を蹴りだします。指が圧迫すると正しく力が伝わらず、指を痛めてしまいます。

靴のトラブルからの改善方法

らくじきの位置 らくじきを敷いた状態
左の写真は、当社の「らくじき」を靴に敷いた状態です。
靴の中の全体ではないため、十分なゆとりが生まれます。歩行時に裸足の感覚を体感できる状態です。
「らくじき」を使用すると指先が圧迫されません。
指先が解放されます。
土踏まずにしっかりと体重が乗ります。足裏を支えるため甲が少し持ち上がり、靴の甲の部分に足がフィットします。  
らくじきは写真のように両脇が立ち上がり、靴の横幅を狭くすることができます。
サイズ表示に横幅が示されています。EEE,EEEEなどと明記されています。
しかし、足の実測値はEぐらいと言われています。
緩い靴が楽と販売されていますが、緩すぎるため靴の中で余分な力がいるため足を痛めてしまいます。

らくじきはこのトラブルを防ぐことができる唯一のインソールです。

横幅を狭くし、足裏から持ち上げることで甲周りを靴に密着することで足を靴に固定させます。
靴と足が一体になること、裸足の感覚で歩行することができます。

らくじきの使用は指を痛めない
サイドが立ち上がります
横幅を狭くします


靴を正しく履けると足のトラブルは少なくなったり、予防できたり、改善できます。

内反小趾の状態


内反小趾の足の状態


内反小趾内反小趾  

対策として「らくじき」を使いました。


左の足型は女性のフットプリントです。
足の状態は、内反小趾と思われます。

両足ともアーチの変形が始まっています。
このフットプリントでは見えにくいですが、元本では土踏まずが落ちています。
小指の付け根にタコがあり、足裏中央部にタコができています。

指先に力が入っていない状態です。

お客様のご相談は、足裏の痛みと、指の付け根付近のシビレでした。

靴を履いた状態を目視すると、第2指先端、第3指先端が浮き指になっていました。

靴の中で浮き指になっていることは、足指が内側、外側からの圧迫が起き、足の中央部で足がしわっている状態であると思われます。

足の痛みは、内反小趾によりモートン病が起きたと推測されます。


らくじきの裏面

らくじきは母趾球の後ろに使います







写真が私本人

足を測定することで状態がわかります。

写真のように中央に2個の突起した厚みにより中足骨を支え,内側縦アーチ、外側縦アーチ
を両サイドパットを使いサポートします。
アーチを改善しながら一点に力がかからないようにして足の裏の全面で力を受けるようになります。
これにより痛みが軽減し、中敷のクッションによりより痛みを軽減できます。


     → らくじきとは
     → らくじき注文

当店の「らくじき」を使えばどうなるか?


中敷の構造状、靴の中で足が前にスベリ落ちることがなくなります。かかとで収まり、足の両サイドを挟み足の裏から足を支え、靴の上部に足の甲を合わせることにより靴のつま先には空間ができます。

左図のように靴の中で足が納まります。指先が圧迫されず、開放されます。足に安全な中敷(インソール)です。







らくじきの立体状態

ほとんどの足の病気は合わない靴を履くことによって起きます。 「らくじき」は靴の中でサイドパットが靴に合わせて立つことで足を守りながら楽に靴を履けます。

インソール(中敷)らくじき

足の守護神
フットアシスト
     → 「らくじき」とは



     → 「らくじき」注文
 らくじきの注文(詳しい方法)こちらへ ・ サンプルの貸し出し 

                    らくじき注文
発送について
ご注文後速やかな発送に心がけています。

お急ぎのお客様はファックス注文をしてください。
ファックスによる注文は随時発送いたします。(24時間対応)
    
ファックス番号: 059-271-8866
  
(郵便番号、ご住所、電話番号、ご希望商品、個数、配達希望時間)
フクワtop > 足の病気 > 内反小趾

らくじきの機能、使用方法(約5分)
    メーテレ”ドデスカ!”放送
 映像は税率変更前の価格です
   らくじきの注文


インソール(中敷)実演にて

Copyright(C) 2010 Fukuwa All rights reserved.