>
本文へスキップ

靴脱げ、かかと脱げ、外反母趾、モートン病でお悩みなら、インソール「らくじき」を

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.059-226-7336

〒514-0035 三重県津市西丸の内6番4号

「らくじき」は世界初の立体中敷として特許取得したインソール(中敷)です。足裏(縦アーチ・横アーチ・土踏まず)すべてをインソール(中 敷)で包み込み重心を足の真ん中にすることで傾き(O脚化・X脚化)を防ぎます。普通のインソールと違い、アーチをしっかりと作ることを意識した世界初の立体インソール(中敷)です。

内反小趾(スマホは横画面で)

内反小趾はこんな病気

足に合わない靴は万病のもと! 内反小趾で歩くのがつらい方!
「内反小趾でお悩みなら「らくじき」を試してみませんか」靴に敷くだけで
違いの分かるインソール(中敷き) 即効性

内反小趾を簡単に表現すると足の本の骨をつなぐ靭帯が緩んでき、開張足を起こします。
開張足を起こすと足の横幅広がり足の裏のアーチが変形をし、偏平足を起こします。
小指には筋肉がありもとの位置にいようとする働きと、足そのものが広がろうとする反対の力がかかり曲がったようになるのが内反小趾です。(小指が親指の方向に曲がる)
「らくじき」は縦アーチを3種類(内側縦アーチ、中央縦アーチ、外側縦アーチ)を使い、前方に横アーチを支えるパットを使い中足骨全体を下から支えます。これに伴い、足の指全体に力が入りやすくくなります。特に親指に力がかかりやすくなります。

内反小趾になってしまうと小指に力が入りにくくなります。
小指を使うことがリハビリになります。
痛みがある内にリハビリやインソールを使いアーチをサポートしましょう。
この時期をうまく乗り切れば進行を止めることは可能と考えます

           「らくじき」の構造、効果はこちらへ 
●内反小趾、外反母趾は横アーチの緩み(開張足)原因と言われます。
らくじきを使用すると開張足になる場所を保護します。改善策は、靴を使用することで足のウエスト部分をしっかり固定することです。らくじきを使用することで、足のウエスト部分を固定でき、横アーチ、縦アーチを足裏から
しっかり支えることができます。
「らくじき」の詳しい説明、お求め方法は、このページの下に記載しています
                                    今すぐ購入
内反小趾

内反小趾、外反母趾は靴が原因ではありませんが、大きな要因です。
正しく、靴はけていますか?  
緩い靴を履いていませんか?
ヒールの高い靴、作業靴、スニーカー、ローファー、バレーシューズ、ブーツなど靴の種類は関係ありません。
足に合っていますか?

内反小趾は外反母趾と同じように横のアーチの変形(開張足)を起こしていると考えます。
小指側の皮膚がヒリヒリと痛いときは、保護パットを当てることにより、炎症を緩和させます。
皮膚ではなく、内側が痛いときは横アーチそのものに支えを入れ、安定させることを薦めます。
横アーチパットは色々ありますが、当社の「らくじき」は横アーチの部分が他社製品に比べ、
少し前の位置にあります。これにより、横アーチをしっかり支えることと、歩くことのために
5本の指に体重が乗りやすくなります。
しっかりと指を使った歩行ができます。
お客様によく言われることがあります。
靴の横幅は丁度いいのですが、かかとの部分がパカパカと脱げるのでなおしたい。
この時、足は前に滑り落ち非常に足の状態が悪い時です。
靴は、横幅が丁度よければかかとは脱げません。
このように、自分では合っていると思う靴は、本当は足に合っていないのです。
この状態が、足の病気の始まりです。

靴が原因ではなく、靴が要因と言われる理由です

アーチの役割

小趾が内反する疾患です。外反母趾と似たような症状が足の小指に起こることを言い、要するに足の小指が親指側に曲がり、指の付け根が外側に出っ張ります。
外反母趾と同時に起こる事も多くあり、女性の方が窮屈なハイヒールなどを履くため痛みが出る事が多いのですが、男性にもあるようです。
小指が親指側に傾く症状。つま先の細い靴などを履き続けているとなりやすい。 また、常に体重を小指側にかけてしまうと小指が反転 して、マメやウオノメができやすいので要注意。

内反小趾による足の痛み 足に痛みがある危険性!
痛みがある。我慢する。一番危険です。
痛みがあると、痛みの部分をかばう為、必ずかばい足になります。
足にひねりや、ゆがみができ左右のバランスを崩し、足の痛みのほか、膝の痛み、腰の痛みなど複合的に
痛みを発症する可能性があります。
本来の足の痛さ以外に痛みが出たときはまずは、最初の足の痛みを疑ってください。
らくじきは、足のトラブルで悩んでいる方が靴を快適に履く為のサポート商品です。
靴を履いている時は、痛みが軽減し足が楽です。又、靴脱げ予防により歩きやすくなります。

「内反小趾でお悩みなら「らくじき」を
試してみませんか」


 インソール調整が有効な手段です。        今すぐ購入 

内反小趾(外反母趾)に対するらくじきの効果

「整形外科足の専門医からいただいた外反母趾に対するコメント」 整形外科足の専門医(愛知県)から外反母趾の患者に「らくじき」を使用 したところ右足30度角度が24度に、左足は28度が21.5度に改善した との報告を受けました。 「らくじき」を使用することで、靴の中で足が横ズレ、前ズレが防止され、 また「らくじき」の裏の4個のパットが効果的に足の縦アーチ、横アーチを 効果的にサポートする。靴の中で、足が安定するためバランスよく歩行 することができる。「らくじき」は非常に効果的である。 とコメントをいただきました。 足の専門医が「らくじき」を 医学書で紹介してくれました。 らくじきが医学書に紹介されました。 外反母趾FAQ予防・治療の実践ガイド 著者:柴田 義守 先生   岡崎南病院整形外科部長 (日本足の外科学会名誉会員) 出版社:診断と治療者  
足の専門医が「らくじき」を
医学書で紹介してくれました。

らくじきが医学書に紹介されました。
外反母趾FAQ予防・治療の実践ガイド
著者:柴田 義守 先生  
岡崎南病院整形外科部長
(日本足の外科学会名誉会員)
出版社:診断と治療者
 

内反小趾 の状態

 

対策として「らくじき」を使いました。

 
 左の足型は女性のフットプリントです。
足の状態は、内反小趾と思われます。
両足ともアーチの変形が始まっています。
このフットプリントでは見えにくいですが、元本では土踏まずが落ちています。
小指の付け根にタコがあり、足裏中央部にタコができています。
指先に力が入っていない状態です。
お客様のご相談は、足裏の痛みと、指の付け根付近のシビレでした。
靴を履いた状態を目視すると、第2指先端、第3指先端が浮き指になっていました。
靴の中で浮き指になっていることは、足指が内側、外側からの圧迫が起き、足の中央部で足がしわっている状態であると思われます。
足の痛みは、内反小趾によりモートン病が起きたと推測されます。

 内反小趾の原因
 横アーチ 足には縦、横のアーチがあります。
横アーチの変形が原因です。 変形すると開張足(かいちょうそく)になります。
同時に親指が内側に戻ることが外反母趾となります。
反対に小指が内側に入り込むことが内反小趾となります。
図のように正常な足には、土踏まずにしっかりとキレイなアーチ形状が見られます。







 
開張足 ところが、この土踏まずにアーチ形状が見られなくなってしまうと、図のように、五を結んでいる土踏まずが伸びて平らな状態になり、足のの関節が横に広がってしまうのです。
そうすると、小指は自然と内反転してしまい、結果内反小趾になってしまうのです。

これが内反小趾のメカニズムです。
このときもし、小指が戻らなく、アヒルの水かきのように開いた形で止まれば、痛みは起きないと考えられます。
しかし、小指は、筋肉や靭帯によりもとの位置に戻ってしまいます。
内反小趾による痛み、足に痛みがある危険性!痛みがある。我慢する。一番危険です。
痛みがあると、痛みの部分をかばう為、必ずかばい足になります。
足にひねりや、ゆがみができ左右のバランスを崩し、足の痛みのほか、膝の痛み、腰の痛みなど複合的に痛みを発症する可能性があります。

 

内反小趾 がどうすれば楽になるか?

内反小趾   図のように小指の付け根の変形と圧迫により炎症を起こしています。足の構造を考えると、緩い靴を履くことで前滑りを起こし、靴の横幅と足の横幅の位置がずれることによる圧迫を起こしています。小指の関節に大きな負担がかかっています。靴を履いた時に、指先に余裕があり、足の甲の部分でしっかり足と靴を固定することです。そのようにすれば痛い小指が圧迫から解放されます。当然、「らくじき」「らくジェル」を使用すれば、より効果的です。
                                      このページの先頭へ
本当の内反小趾対策は インソールをおすすめします。

内反小趾は内反小趾を悪化させる

内反小趾はそのままにしておくと内反小趾の症状が進む可能性があります。
正常な足の歩行は親指の腹の中心で蹴りだして次々と指全体を使い真上に力が加わわりますが、それに比べて、内反小趾のある足の歩行では小指に力を入れずに地面を蹴りだしているので、一歩あるくごと小指を内側へ内側へと押す力が加わっているのが分かると思います。
小指を内側へ常に押し続けてるということは、内反小趾をどんどん悪化させてしまう可能性があります。


                             今すぐ購入
「らくじき」と他社のインソールの大きな違いが効果に出ます。
 「らくじき」裏面 「らくじき」両サイドが立つ  靴に敷いた状態
 らくじきの裏面  らくじきの立体状況  らくじきを敷いた状態
 負荷がない状態    両脇から負荷を受けた状態    両脇から負荷を受けた状態
 一枚のシートに両側から力を加えるとシートの真中は写真のように持ち上がるか、
真ん中が下がってしまうかです。
「らくじき」は両脇を立てることで靴の側面からの圧力を利用し足裏を持ち上げ、4個のパットを利用し、足裏を支えます。
必ず、縦アーチ、横アーチを支えることができます。
                                  このページの先頭へ

らくじきの効果

  縦アーチ、横アーチ   
 当社の開発した靴用インソール「らくじき」は縦のアーチ、横のアーチを同時にサポートします。指の間に物を挟むのではなく、足のウエスト部分(土踏まず)を両側から包み込み足裏のアーチを4個の凹凸パットを使い安定させます。
靴の横幅を狭くし、靴の中で足のズレを限りなくなくし、裸足に近い感覚にし歩行時に
正しく力がかかるような構造になっています。

                  今すぐ購入

●足の痛みを緩和するなら当社の「らくじき」を使用すると驚くほど楽になります。
個人差はありますが、痛みを感じなくなる方がほとんどです。


                                          このページの先頭へ